【お知らせ・やったこと・その2】結婚しました。〜入籍完了後にやったこと〜

2月 13, 2020

前回に引き続き今回は入籍後に行った事を執筆していきます。
前回の記事はコチラ

入籍完了後に行った事

入籍完了後に行ったこととしては以下の通りです。

  • 新苗字の認印購入
  • 銀行印の作成
  • 免許証の名前・本籍変更手続き
  • 銀行口座の名義変更手続き
  • 携帯電話の名義変更手続き
  • 車の名義変更
  • 生命保険の手続き
  • 会社への氏名変更届け
  • 健康保険の氏名変更手続き
  • 借家に住んでいて契約者の場合、管理会社に名前変更の届け
  • じぶん銀行の名義変更手続き※重要
  • au walletの名義変更手続き※重要
  • マイナンバーカードの氏名変更手続き※重要
  • その他サイトに登録している個人情報の修正

新苗字の認印購入

これは重要です。どの様な手続きにも認印は必要になってくると思うので
優先して印鑑を買った方が良いです。
今は100円ショップでも安く手に入りますし簡単に入手可能だと思います。

銀行印の作成

銀行印の作成も優先的に行った方が良いです。
そして100円ショップとかではなく、
街のハンコ屋さんに頼む、またはハンコ屋のサイトで注文するのがいいでしょう。
理由は、銀行で使う印鑑のため、偽造されにくいという理由があるからです。

そして場合によっては注文してから手元に届くまで1週間かかったりします。
なので、名前が変わる、もしくは変わったときに優先的に注文すると良いでしょう。

尚、僕は個人商店の街のハンコ屋さんに頼みました。(地域活性化!!)
ハンコ屋さんのサイトとしては以下があります。

免許証の名前・本籍変更手続き

名前変更後速やかにやりましょう。
記載事項変更手続きというそうです。

必要なものは

  • 運転免許証
  • 新しい名前の印鑑(認印でOK)
  • 新しい本籍が載った住民票

変更手続きを行う場所は以下の通りです

  • 最寄りの警察署
  • 最寄りの免許センター

費用はかからない・時間も5分〜10分くらいで完了するので速やかに行いましょう。

詳しく解説してくれているサイトがありましたのでご紹介します。

変更後は運転免許証の裏に変更後の、名前、住所(変更した場合)、

銀行口座の名義変更手続き

これも大事なことなので速やかに行いましょう。

必要なもの

  • 身分証明書(名前が変わった後の状態)
  • 戸籍謄本(名前が変わったことを証明する書類
  • 旧姓のときに使用していた銀行印
  • 新しく作った新姓の銀行印
  • キャッシュカード
  • 通帳

窓口に行けば大体は銀行員さんが案内してくれます。
銀行の混み様によりますが、混んでいる場合1時間以上はかかるので
なるべく時間に余裕を持っていきましょう。

変更してからどれくらいでキャッシュカードや通帳は届くの?

通帳とキャッシュカードでそれぞれ異なります。

・キャッシュカード
->手続きしてから大体1週間〜2週間ほどで簡易書留で届けられることが多いです。

・通帳
->手続き後即時発行されます。

キャッシュカードが手元に届くまで古いキャッシュカードは使えないの?

新しいカードが手元に届くまでは古いキャッシュカードでも現金の出し入れが可能でした。
新しいカードが届くまで必ず手元に保管しましょう。
新しいカードが届いたら、古いカードは速攻でハサミを入れて粉々にしましょう。
※あくまでも僕が利用している銀行の話です。念の為銀行員さんに確認しましょう。

クレジット機能があるキャッシュカードの場合は?

銀行口座の名義変更と同時にクレジットの名義も変更する手続きも行えます。
クレジット専用の変更届の用紙に書くだけでOKです。
※もしも案内されなかったら銀行員さんに聞いてみてください。

携帯電話の名義変更手続き

これは自分の持っている携帯のキャリアのショップで受け付けてくれます。
必要なものは

  • 携帯電話(番号さえわかればOK)
  • 新姓になっている免許証
  • 新姓になった住民票(または戸籍謄本)

住民票はなるべく戸籍謄本で持って行った方が良いです。
やはりなりすまし防止の為に、旧姓と新姓が載っている方が良いです。

車の名義変更

車を持っている方は車の名義変更をしましょう。

ちなみに車の車検証をみてみると「所有者/使用者」というものがあり
内容によってできることが違ってきます。

・所有者がディーラ、使用者が自分の場合
->こちらはディーラに必要書類を持っていき、お願いしましょう。
 ディーラへ登録している情報も同時変更できると思うので一番良いです。
 あとはディーラに必要書類を書いてもらい、

・所有者と使用者が異なる場合(親が所有者、その子供が使用者というパターンです)
->所有者用と使用者用の委任状を案内センターからダウンロードし必要事項を記入しましょう。
その後ディーラに持っていくもよし、自分で陸運局へいくということもできます。

・所有者も使用者も自分の場合
->ディーラへお願いすることもできます。
ただお金をかけたくない方は自ら最寄りの陸運局へ行き手続きすることもできます。
自分でやるので格安でできます。(350円)
それぞれ必要なものは似た様なものですが、
予め自分で用意しないといけないものは以下の通りです。

  • 新姓に変更されている運転免許証
  • 車検証
  • 戸籍謄本
  • 変更手数料
  • 新姓の認印
  • ナンバープレート変更手数料(ナンバープレートを同時に変更する場合)
  • 氏名変更代行手数料(ディーラ等に依頼する場合)
  • 所有者の委任状(所有者と使用者が異なる場合)
  • 使用者の委任状(所有者と使用者が異なる場合)

変更手続き完了までどれくらいかかるの?

方法によって変わります。
・ディーラに頼んだ場合
->ディーラの仕事の忙しさに寄るので最低1日はかかります。

・自分で陸運局にて手続きする場合
->書類記入とかの時間がありますが、トータルで15分(+陸運局への移動時間)くらいで終わります。
自分で用意する上記の書類以外は全て現地で調達できます。

最寄りの陸運局を探したいときは以下のサイトで検索すると良いです。

詳しい情報を知りたい方は
車検と車の手続き案内センターを参照されると良いです。

生命保険の手続き

これは名義変更と共に、受取人の変更も場合によっては必要になります。
妻になった人を受取人にする場合がほとんどだと思います。

そのとき僕が入っている生命保険の名義変更したときに
用意した書類が以下の通りです。
※保険屋さんによって変わってくるので、担当者に確認しましょう。

  • 自分の新姓に変わった運転免許証(身分証明書)
  • 戸籍謄本
  • 奥さんになる人の運転免許証(コピー)
  • 新姓の認印

受け取る人が変わるので、受け取り側の身分証明書も必要になりました。

会社への氏名変更届け

これは、人事または総務を担当している方に、
入籍したことを告げ、名前の変更をお願いしましょう。
その際には以下の点を確認しましょう。

  • どの部分の名義を会社でやってくれるのか?
  • 自分で別途手続きしないといけないものは何か?
  • 必要な書類は何か?

健康保険の氏名変更手続き

僕の場合は会社で加入している健康保険組合に、
自分で書類を記入して送らなければいけませんでした。
住民票なども必要なくすぐに手続きが完了しました。
但し、一度保険証を返却し、新しいのが届くまで1週間かかりました。

借家に住んでいて契約者の場合、管理会社に名前変更の届け

借家を管理してる管理会社に、名前の変更が入った旨を電話で伝え
変更手続きを行いましょう。
必要な書類は以下でした。

  • 戸籍謄本
  • 新姓の運転免許証(身分証明書)
  • 新姓の認印
  • 家賃引き落とし口座がわかるもの。(家賃が引き落としの場合)

じぶん銀行の名義変更手続き※重要

これは落とし穴でした。
auと三菱東京UFJ銀行で展開している「じぶん銀行」なのですが、
携帯の変更をすれば自動的に変わるものだと思ってました。(auが展開していると思い込んでました)
ですが、自らお客様センターに電話をして名義変更を行わないといけませんでした。
電話で名前が変わった旨を伝えると、必要書類が送られてきます。
必要事項を記入し、返送します。

失礼しました。書類返送ではありませんでした。
キャッシュカードが「本人限定受取」という封筒できます。
本人しか受け取れない郵便物で、受け取るために身分証明書が必要です。

大体1〜3週間で新しいキャッシュカードが発行されます。
じぶん銀行のキャッシュカードの裏にある番号に電話をかけましょう。

au walletの名義変更手続き※重要

これも携帯の名義変更手続きが終われば新しく発行されると思いました。
じぶん銀行と同じようにお客様センターに電話し名義変更を行いましょう。
以下にキャッシュカードの裏かもしくは以下のサイトに電話番号が載ってます。


新しくカードが送られてくるので、受け取りましょう。

マイナンバーカードの氏名変更手続き※重要

これもてっきり入籍時に処理されていると思ったのですが、
記載されているものに関して、自分で役所へ行き手続きをする必要がありました。
必要なものとしては以下でした。

  • 新姓が記載されている運転免許証(身分証明書)
  • 住民票
  • 新姓の認印

手続き時間は混み様によりますが、
大体10分くらいで終わります。

詳しい手続き方法は以下のサイトにて説明されています。

その他サイトに登録している個人情報の修正

以前の記事にも記載しましたが、個人情報が変わった場合
サイトに登録している個人情報、および口座振込登録している場合は、その情報の修正も必要になってきます。
このサイトでは、「Amazonアソシエイト」と「googleアドセンス」を使ってます。その修正を行いました。

長くなりましたが、主にやったことは以上です。

まとめ

苗字が変わった場合、やることが多すぎて大変だなぁと感じました。
中々経験することがないことだったので貴重な経験になりました。
苗字が変わるということは大きなことですね!
これから色々大変なこともありますが、頑張っていきます!

2020年2月9日追記

じぶん銀行の手続きについて、行ったことを以下のページにアップしました。
よければそちらもご覧ください。

今回は以上!

スポンサーリンク